医療レーザー脱毛のメカニズムを簡潔に説明します。

1分でできる!WEB予約はこちら 無料メール相談
医療レーザー脱毛のメカニズム

あっ!と驚く医療レーザーパワーの理由

マリアクリニックが脱毛で使用している医療用レーザー脱毛機アレキサンドライトレーザーは、特定の濃い色のみに反応する特性を持っています。この特性を利用し、医療レーザーはメラニン色素をもった毛体に反応する波長が使用されています。レーザーといえば、昨今では美肌やシミ取りなど美容目的に活躍していますが、なぜ医療レーザー脱毛に活かされるようになったのでしょうか。
それには、偶然が引き起こした目的外の効果がありました。医薬品などにも良くあることですが、偶然治療目的の疾患とは別のところにも作用が認められ、新たな目的の医薬品になったりするのです。
医療レーザー脱毛にもこれと似た経緯があったのです。レーザー脱毛は、実は以前からあざの治療に使用されていました。その治療の過程であざの部分の毛が生えてこなくなったことから、レーザー医療レーザー脱毛へとつながりました。

医療レーザー脱毛は、レーザーを体毛に照射し、その熱エネルギーが毛を伝わって毛包を破壊して脱毛させるのです。毛を作り出す細胞ごと破壊してしまうので、新たな毛が作れなくなってしまい脱毛することができます。

まず、脱毛部位にレーザーを照射すると、メラニンを含む黒い毛のみに反応し、熱エネルギーが吸収され毛根に集中します。毛根は発毛の中心的な部分ですが、この集まった熱エネルギ-はここを破壊します。
そして、毛根を破壊された毛は自然脱毛するのです。一度破壊されたその毛根からは、あたらしい毛は生まれません。また、脱毛用の医療レーザーは黒い毛のメラニンにのみに反応するので肌を痛めることなく脱毛出来ます。

図:レーザー脱毛のメカニズム

脱毛出来る部分は、皮膚上に出ている毛だけなので、1回では全ての毛は脱毛出来ません。毛には毛周期があるので、それに合わせて数回行うことにより、うぶ毛以外のメラニン色素を含んだ毛の脱毛ができるということなのです。


無料カウンセリング予約