エステの脱毛と医療脱毛の違いについて解説します。

1分でできる!WEB予約はこちら 無料メール相談
エステの脱毛と医療脱毛の違い
1脱毛効果が違う・2結果的にお得・3安全性が違う

エステの脱毛と医療脱毛ってどこが違うの?

エステサロンでも脱毛が行われていますが、医療レーザー脱毛とはいったい何が違うのでしょうか?
大きな違いである3点をピックアップ致しました。


脱毛効果が違う

エステサロンでの脱毛は、永久脱毛ではありません。
一時的は減毛(抑毛)効果になります。

エステの脱毛は「フラッシュ(光)脱毛」とうたわれ、IPL脱毛といってフォトフェイシャル(美肌治療)にも使用されているものが一般的です。
減毛(抑毛)に有効な波長も照射できますが、医療機関ではないため脱毛行為ができず、パワーを抑えた状態で照射しているため、毛根へ直接パワーを届けることは難しくなっています。

永久脱毛効果を求める方は、医療脱毛しか効果を出すことはできませんので、クリニックでの脱毛をおすすめ致します。

脱毛の効果の違いについて>>

◆ポイント

脱毛は医療行為なので、本来エステでの脱毛は違法。
現状エステでは、グレーな状態で脱毛を行っているため、弱い出力でしか照射できない。
結果として、脱毛効果が弱くなる。



結果的にお得

エステでの脱毛は、照射パワー弱いため回数が増えて結果的に費用が割高になる可能性があります。
それに対して、医療レーザーの場合は回数が少なくて永久脱毛効果があり、トータル的な費用を安く抑えることができます。


治療期間の比較

◆ポイント

医療脱毛の場合は、出力が高いので少ない回数で脱毛できる。
また、エステでは難しい永久減毛が期待できる。



安全性が違う

脱毛は毛根にダメージを与える必要があるため、ある程度皮膚への負担がかかります。
敏感肌の方でなくても、赤くなったり、一時的にブツブツしたりすることもあります。
医療脱毛の場合は、万が一肌トラブルが起きてしまった時には医師が診察し、お薬を処方しますので安心といえるでしょう。
もちろん、その際の追加費用はかかりません。(当院の場合は無料で対応致します。)

◆ポイント

医療脱毛の場合は、肌トラブル時にすぐに医師が診察できるので安全性が高い。



お得なキャンペーン実施中!



無料カウンセリング予約