エステの脱毛と医療脱毛の違いについて解説します。

1分でできる!WEB予約はこちら 無料メール相談
エステの脱毛と医療脱毛の違い
1脱毛効果が違う・2脱毛に掛かる期間が違う・3安全性が違う

エステの脱毛と医療脱毛ってどこが違うの?

エステサロンでも脱毛が行われていますが、医療レーザー脱毛とはいったい何が違うのでしょうか?

エステサロンでの脱毛は、「フラッシュ(光)脱毛」とうたわれ、IPL脱毛といってフォトフェイシャル(美肌治療)にも使用されているものが多く使用されています。
減毛に有効な波長も照射できますが、医療機関ではないため脱毛行為ができず、パワーを抑えた状態で照射しているため、毛根へ直接パワーを届けることは難しいのです。

脱毛の効果の違いについて>>


こういったエステサロン等で使用されている機器で無理に効果を出そうとして、強力なパワーで照射をしてしまうとやけどなどのトラブルが起きてしまい、また医師が常在してないのですぐに処置することができず、跡になって残ってしまう場合があります。


医療レーザーでの脱毛

医療レーザー脱毛は、当たり前ですがクリニックで行うので医師が常在しています。トラブルの際に迅速な対応ができるのはもとより、脱毛行為が可能となります。
脱毛は毛根を破壊する行為ですからもちろん医療行為になるわけです。照射パワーの高い脱毛が可能で、かつ短期間で確実に脱毛でき、コスト面や期間を考えても効率的な脱毛が出来るのです。


ポイント

このように、本当にムダ毛を根本から脱毛しようとするということは、熱エネルギーで毛根を破壊するということになり、この行為は医療機関でしか行えません。
エステの脱毛などは、照射パワー弱いため、回数が増えるので費用が医療レーザー脱毛に比べると高くなる可能性があります。医療脱毛レーザーのような脱毛の確実性がないという点で、データや情報を集めて考慮してみると良いかもしれません。

医療レーザー脱毛は、安全な医療機器で行え、トラブルに対応でき、短期間かつ回数が少なく行える、確実性が高い脱毛と言えるでしょう。一方エステサロンの脱毛は、回数と期間は長いけれどエステ気分を味わえたり、脱毛機器もエステ使用のマイルドなもの、そしてトラブルには対応できないけれど、ついでにエステが出来たりすることなどがポイントの脱毛と言えそうです。

お得なキャンペーン実施中!



無料カウンセリング予約