【衝撃の事実!?】VIOも顔も同じ脱毛機で照射するって本当?

2017年12月15日

皆さん、こんにちは(*^_^*)

“脱毛を始めよう!”と思ったら、数あるサロンやクリニックのなかから、どこに通うか選ばなければなりませんね。クリニック選びは「通いやすさ」「金額」「知名度」などが決め手になることが多いと思いますが、ぜひ考慮していただきたいのが衛生面。今回は、なぜ衛生面が重要か一緒に考えてみようと思います (^O^)

多くの人が訪れる脱毛サロンやクリニックでは、1台の脱毛マシンで毎日何人もの施術を行うのが通常です。しかも、脱毛は顔も脚もVIOも同じマシンを使うので、清潔でないとトラブルの元になってしまいます。そのため、ほとんどのサロンやクリニックは衛生面にとても気を使っていて、脱毛マシンは直接肌に触れる部分が取り外せるものは使用するたびに殺菌消毒しています。IPL脱毛機など、先が取り外せないハンドピースの機器もありますが、機器によってはラッピングをして施術を行うなど工夫して対応しています。

しかし残念ながら、衛生管理が徹底されていないところもあるようです(T_T)特に全身脱毛やVIO脱毛を行う場合は、性病など感染症のリスクも高まるのでクリニックでの施術がおすすめです。“もし誰かのVIO脱毛後に、そのまま同じ機器で脱毛が行われていたら…”と考えるととても不快&怖いですよね^^;感染症や肌トラブルを起こさないよう、クリニック選びの際には衛生面も重視してほしいと思います。

では、サロンやクリニックの衛生面は一体どのように確認したらいいのでしょうか。おすすめなのは、無料カウンセリングの時です。スタッフに脱毛機器の管理方法を確認してみましょう。衛生面での注意を払っているサロンやクリニックであれば、しっかりとお話ししてくれると思います。さらに、実際の機器で説明などをうけることも可能なところもあると思います。

マリアクリニックは、お客様に安心・安全に脱毛していただけるよう、衛生面にも細心の注意を払っています。主に2種類の脱毛機器を使用していますが、そのひとつジェントルレーズは先が取り外せるので施術ごとに消毒を実施しています。もうひとつの機器であるメディオスターは、滅菌機による消毒もつけ置きによる消毒もできませんが、丁寧にラッピングをすることでお客様が心地よく安全に脱毛できるよう対応しています。マリアクリニックなら、どの施術部位でも安心して施術を受けていただけますよ♪お気軽にお問合せくださいね\(^o^)/

監修マリアクリニック

どこでも同じではありません。マリアクリニック独自の脱毛方法とは!?

2017年12月3日

皆さん、こんにちは(*^_^*)

クリニックの脱毛であれば、どこで行っても効果に大きな差はないと思っている方も多いのではないでしょうか?しかし、技術は日々進化し、脱毛機器の改良も進んでいるため、使用しているマシンや施術を行うスタッフの技術力によって、効果は大きく変わるんです!

マリアクリニックでは、「ジェントルレーズ」と「メディオスター」という実績のある2種類の医療レーザー機器を使って脱毛を行っています。今回はそれぞれの特徴についてご紹介します。

●ジェントルレーズ

この機器は日本でもっとも普及している医療レーザー脱毛機。日本でも厚生労働省に認可されている信頼度の高いマシンです。毛根の黒いメラニン色素に反応するアレキサンドライトレーザーという種類のレーザーを照射して、毛根周辺の毛乳頭や毛母細胞など毛の生成組織を破壊して脱毛します。波長が短いため、肌への負担が少ないのも高ポイント。
しかし、ジェントルレーズの照射口は円形で、角形の機器に比べると打ち漏れのリスクが大きくなります。マリアクリニックでは、熟練の技術力で丁寧に重ね打ちをしているので安心です♪

●メディオスター

日本のクリニックに、主に3〜4年前から導入され始めた比較的新しいタイプの脱毛マシン・メディオスターはダイオードレーザーというレーザーを照射することで脱毛効果が期待できる医療レーザー機器です。皮下にジワジワと熱を溜め、毛を生やすバルジ領域を破壊するという蓄熱式であるこの機器は、痛みが少なく、肌が弱い方でも肌荒れしにくいのが特徴です。
しかし、メディオスターはまだ新しいマシン。照射スピード・回数・幅や部位など、細かな調整が必要とされ、施術する人の技術力やクリニックごとのノウハウによって効果にムラが出てしまうことも。マリアクリニックでは、勉強熱心で経験豊富なスタッフがそれぞれの体質や毛質によって、照射方法や回数やスピードなどをコントロールして施術を行いますので、高い効果が期待できますよ\(^o^)/

効果が高く信頼できる機器を使っているとは言っても、レーザーは目に見えないし、本当に大丈夫?と心配している方もいらっしゃるかもしれませんね^^;マリアクリニックでは、万が一打ち漏れが見つかった場合は、無料で再照射をさせていただきます。
クリニック選びの際には、打ち漏れが無料かどうかも確認したほうがいいかもしれませんね。もしもの時も、マリアクリニックなら安心ですよ!気になった方はぜひご相談くださいね(^^♪

監修マリアクリニック

50代から脱毛される方 増えています♪

2017年11月18日

皆さん、こんにちは(*^_^*)

医療レーザー脱毛が一般的になってきて、おかげさまでマリアクリニックは幅広い年代の方にご来院いただいています。意外に思われるかもしれませんが、近年、特に増えているのが50代の方のご来院。その年代の方が20代や30代だったおよそ20年前は、医療レーザー脱毛が出始めたころで、金額は100万円ほどかかっていました。しかし、今はそれに比べるとずいぶんリーズナブルになっていて、効果も折り紙つき!マリアクリニックなら全身脱毛でも298,000円と手が届きやすくなって、多くの方が念願だった脱毛に挑戦しているんです(^^♪

“50代から脱毛を始めるなんて遅すぎて恥ずかしい…”と迷われている方もいらっしゃると思いますが、そんなことはありません!美意識が高い人ほど、“肌をきれいに保ちたい!”と努力されていると思いますが、自己処理などで肌を傷つけてしまった場合、残念ながら、若い時のようなターンオーバーは望めません。たとえば、化粧ののりがよくなるように…と顔のむだ毛を自己処理している方もいらっしゃると思いますが、すればするほど肌が傷んでカサカサになってしまったり、毛穴が目立ってしまったり、結果的には老化が進んでしまうんですね。
だからこそ、1日でも早く効果の高い医療レーザー脱毛に取り掛かるのがおすすめです!すぐに始めれば60代、70代になった時に大きな違いとなって表れますよ(^O^)

また、腕や脚などの見えるところだけでなく、VIOの脱毛に挑戦される50代以降の方も増えています。VIOとはいわゆるデリケートゾーンのこと。年齢を重ねると、身近な人の介護問題などが切実になりますが、自分が介護される立場になったときのことを考え、排せつ介助などでの介護者の負担を軽減できるよう、今のうちのVIO脱毛を決意される方が多いです。
医療レーザー脱毛は黒い毛のメラニン色素に反応して、毛根から破壊していく脱毛法。そのため、白髪になってしまってからでは効果が期待できません。興味のある方は、毛が白くなる前に行動に移してくださいね!

少し前までは50代で脱毛するのは珍しいことだったかもしれません。しかし、今は50代以降の方も毎日のようにクリニックに訪れます。しっかりと脱毛されたきれいな肌は、年齢を重ねたからこその美しさを際立たせてくれることでしょう。
マリアクリニックは、年齢を問わず通っていただきやすい雰囲気作りを心掛けています。完全予約制で女性スタッフが個室で施術を行っているので、プライバシーも守られます。興味のある方はカウンセリングだけでも大歓迎です。お気軽にご相談くださいね。

監修マリアクリニック

クリスマスにまだ間に合う?冬脱毛のメリットとは!?

2017年11月9日

皆さん、こんにちは(*^_^*)

秋から冬に近づいてきて、ムダ毛の自己処理のプレッシャーから解放されている方も多いのでは?心にゆとりのできるこの時期にこそ考えておきたいのが、来年の夏以降のこと。今からクリニックでの医療レーザー脱毛を開始すれば、来年の夏にはムダ毛の悩みがかなり減っているかもしれませんよ♪ということで今回は、11月から脱毛を始めるメリットについてご紹介します\(^o^)/

医療脱毛は、強力なレーザーで毛根にダメージを与えてムダ毛を処理する方法です。なので、肌のダメージを回復させるため、施術後しばらくは自己処理を行わないのが鉄則。夏だと1日自己処理を怠っただけでもムダ毛が気になってしまいますよね^^;でも、長袖で過ごすのが当たり前の11月なら、処理しきれていないムダ毛が伸びてきてしまっても大丈夫。いつも通りのファッションで隠せるので、気にせず過ごすことができます。

また、この時期は紫外線量が少ないのも大きなメリット。紫外線が多い季節だと、少し外を歩くだけでも日焼けをしてしまいますが、医療脱毛のレーザーが日焼けした肌に反応してしまう恐れがあります。すると十分な効果が得られにくく、肌が火傷したような状態になってしまうことも。また、施術前だけでなく、施術後の日焼けも肌に負担がかかるので夏場に医療レーザー脱毛をする場合は、その点も気をつけなければなりません。紫外線の少ない今の時期なら、特別日焼けに気をつけなくても肌トラブルの可能性が最小限に抑えられます。

医療脱毛は、永久脱毛が完了するまでに約2~3カ月に1回、5回程度の施術を行わなければなりません。今から始めても夏までに完了させるのは難しいでしょう。しかし2~3回は施術が行えるので、来年の夏にはずいぶん効果もあらわれて、自己処理が楽になっていること間違いありません。
また、クリスマスやバレンタインなど、冬のイベント時にドレスを着る予定がある方も、“間に合わないから…”と決めつけて諦めないでくださいね。強力なレーザーで行う医療脱毛なら、表面に出ている毛の大部分に効果を発揮。1回施術を受けただけでもはっきりとした効果を感じられる方がとても多いんです。今から医療レーザー脱毛を始めれば、施術前後のケアが楽で、今年のクリスマスも来年の夏も脱毛の恩恵が受けられます\(^o^)/

マリアクリニックでは、さまざまなプランをご用意。熟練の技を習得した女性スタッフが、丁寧に施術を行っています。迷っている方は気軽に試せるトライアルプランもあるので、ぜひご相談くださいね☆彡

監修マリアクリニック

医療脱毛と毛嚢炎リスクについて

2017年10月20日

皆さん、こんにちは(*^_^*)

突然ですが、“毛嚢炎”という言葉をご存知ですか?脱毛について調べていると、このワードがよく出てきます。原因や症状など、今回は毛嚢炎について一緒に見ていきましょう\(^o^)/

毛嚢炎の見た目はニキビにとてもよく似ています。しかし、ニキビは「アクネ菌」という細菌によって引き起こされる炎症ですが、毛嚢炎は「黄色ブドウ球菌」や「表皮ブドウ球菌」という細菌の感染によって起こる炎症であるという違いがあります。毛嚢炎になりやすいのは、Vゾーン、脇の下、背中やお尻、首の後ろなど皮脂腺が多い場所。痛みやかゆみなどはほとんど感じません。カミソリや毛抜きなどでムダ毛の自己処理を行った時にできることが多いのが特徴です。

では、クリニックで脱毛している方は、毛嚢炎のリスクが“ゼロ”になるかというと、残念ながらそうではありません。医療脱毛はレーザーの威力で毛根にダメージを与え、毛が生えなくなるようにする仕組み。毛根周辺にはどうしてもダメージが残ってしまいます。肌のバリア機能が一時的に下がったタイミングで感染が起こると考えられており、症状が現れるのは、大抵レーザー照射の2~3日後。このように、まれではありますが、医療脱毛でも毛嚢炎を引き起こしてしまうケースがあるんです(T_T)

もし、レーザー照射後の肌に、ニキビのような赤いブツブツや膿が溜まった膿疱(のうほう)が出てきたら、自己判断せずに医師の診断を仰ぎましょう。毛嚢炎は軽症であれば自然治癒することも多く、すぐに対処すれば症状は落ち着くことがほとんどです。適切な処置がなされずに症状が悪化すると、化膿したり跡が残ってしまったりする恐れがあるので気をつけてくださいね♪

安全なイメージのある医療脱毛でも、毛嚢炎のリスクがゼロではないことを知り、不安になってしまった方もいるかもしれませんね。しかし、医療脱毛で毛嚢炎になる可能性は、カミソリや毛抜きによる自己処理などに比べるととても低くなります。
それでも万が一症状が出てしまった場合も “毛嚢炎の可能性がある”ということを知っていれば、慌てずに対処できますね^^

マリアクリニックは毛嚢炎の症状が起きてしまった場合にも、すぐに医師が診察させていただきます。また、肌トラブル時の薬代は一切いただいておりません。金銭的な心配をしなくて済むのは高ポイントですね!
これから医療レーザー脱毛をお考えの方は、肌トラブル時の対応も考慮して、クリニックを選んでくださいね☆彡

監修マリアクリニック